医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

札幌市周辺でPicoSure ピコシュアレーザーを使って刺青(タトゥー)を除去したい方へ

PicoSure ピコシュアレーザー

ピコスイッチ(刺青(タトゥー)&アートメイク除去)ピコレーザートーニングピコフラクショナル

結婚予定
子どもへの
説明が出来ない
温泉、プールに
行けない

キレイに除去
できるのか不安
痛いのは怖い、嫌だ
過去に治療したが、
消えきれなかった

ピコシュアレーザーでキレイな肌を取り戻しましょう。
札幌の天佑会皮膚科形成外科グループまでお気軽にご相談ください。

ピコシュアレーザーの特徴

ピコセカンド(1兆分の1秒)の照射で
色素の粉砕エネルギーがアップ

 刺青(タトゥー)の部分にレーザーを照射することで加熱し、インクの色素を細かく粉砕します。 砕かれた色素は、代謝によって体外に放出されますので、 一定期間をあけて何度か繰り返すことで、色素を消していきます。

レーザー治療においては、1度の照射で、いかにして墨が入っている深さに、 色素を破壊するのに十分なエネルギーを与えるかがポイントになります。

 ピコシュアレーザーは、医療用皮膚レーザーの トップメーカーである、アメリカのサイノシュアー社が開発したもので、 ピコセカンド(1兆分の1秒)のパルス幅で照射できる画期的なレーザーです。

これまでに主流だったナノセカンド(10億分の1秒)より、 色素が入っている部分への熱エネルギーが強くなり、 熱エネルギーを与えると同時に破砕された色素にも 反応していくため、色素がより細かく粉砕されていきます。

ピコシュアレーザーを3回照射

刺青(タトゥー)除去・その他の症例を見る

ピコシュアレーザーなら、
はやい、キレイ、痛みが少ない

はやい

少ない治療回数で除去

ピコセカンド(1兆分の1秒)による照射なので、色素を粉砕するパワーがアップします。これにより従来型のレーザー治療に比べて少ない治療回数で、刺青(タトゥー)やアートメイクを除去できます。
札幌市内で、刺青(タトゥー)を除去したい方は、円山公園皮膚科形成外科をご利用ください。
※治療回数は、墨の濃度や深さにより個人差があります。

治療期間の短縮

ピコシュアレーザーは、肌へのダメージが少ないため、これまでは3カ月あけていた治療の間隔を2か月に短縮することができます。
また、照射回数の減少と治療間隔が短くなることで、除去までの治療期間が従来の半分ほどに短縮されますので、札幌市周辺で刺青(タトゥー)やアートメイクを除去したい方は、お近くの医療法人天佑会皮膚科形成外科グループまでご相談ください。

これまでの刺青(タトゥー)除去レーザーとの比較

キレイ

全色の刺青(タトゥー)に対応

従来のレーザーでは、黒や茶色の濃い色の刺青(タトゥー)にしか効果が見られませんでしたが、ピコレーザーは、赤やオレンジ、黄、緑など全色の刺青に対応できます。

消しきれなかった刺青(タトゥー)にも対応

過去の治療でうまく除去することができなかった刺青(タトゥー)にも対応できます。
消えムラや治療跡もほとんど残らず、きれいに除去することができますので、札幌市周辺で刺青(タトゥー)をキレイに除去したい方は、お近くの医療法人天佑会皮膚科形成外科グループまでご相談ください。

痛みが
少ない

肌ダメージが少ない

従来のレーザー治療は、刺青(タトゥー)を破壊する際に発生する熱が周囲の皮膚に影響を与え、痛みが伴いました。
しかし、ピコシュアレーザーなら、レーザーの照射時間が短く、しかも熱が少ないため、周囲の皮膚への影響が少なく、肌へのダメージを最小限に抑えられます。
札幌の天佑会皮膚科形成外科グループのピコシュアレーザーを使用した刺青(タトゥー)除去は、お肌の痛みを緩和しダウンタイムもほとんどないので、無理なく治療を続けることができます。
※痛みの感じ方には個人差があります。
※痛みが気になる方には、局所麻酔をいたします。

治療の流れ よくある質問 施術料金表