医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › クールスカルプティング

気になる部位の脂肪を減らしボデイラインをデザイン
クールスカルプティング

気になる部位の脂肪を減らして、ボディラインをデザインする医療痩身です。
低温に弱い脂肪細胞だけを凍らせて、自然に体外に排出することで、狙いを定めた部分痩せを実現。
痩身はもちろん、加齢によって変化したボディラインも整えましょう。

こんな方におすすめ
  • つまめる贅肉がある
  • ダイエットや運動をしても落ちない贅肉がある
  • 楽に脂肪を減らしたい
  • 安全性と効果が実証された方法でしっかりと痩せたい
  • 脂肪吸引などの手術はしたくない
  • リバウンドはしたくない
脂肪を減らすメカニズム

クールスカルプティングは、Cryolipolysis®(クライオリポリシス)理論に基づく痩身医療です。
気になる部位にアプリケータを装着して冷却し、脂肪細胞だけにダメージを与えて部分痩せを実現します。
脂肪細胞がほかの組織よりも低温に弱いという性質を利用しているので、他の組織にはダメージを与えず、脂肪だけに働きかけることが可能です。

痩せたい部位にアプリケータを装着し、温度をコントロールしながら一定時間、冷却します。
脂肪に狙いを定めた制御冷却により、脂肪細胞のみを凍らせます。
凍った脂肪細胞は機能しなくなり、数週間から数カ月かけて、自然に体外に排出されます。
排出された脂肪の分のふくらみが減ります。脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドしにくいのが特徴です。
施術可能な部位
施術可能な部位
【施術の流れ】
Step1:アセスメント Step1:アセスメント
まずは、どの脂肪を減少させれば美しいボディラインができるか、気になる部位だけでなく、その周辺部位も 含めて、全体的なアセスメントを行います。
Step2:写真撮影 Step2:写真撮影
治療部位が決まったら、様々な方向から、写真を撮ります。(治療後と比較する際に使います。)
Step3:マーキング Step3:マーキング
つまめる脂肪の角度を確認し、アプリケータ(機械)を取り付ける位置にマーキングします。
Step4:治療開始 Step4:治療開始
お肌をふき、お肌を保護するためのゲルパッドなど、治療に必要なものを治療部位に乗せ、その上にア プリケータを取り付けて治療を開始します。
通常料金 1サイクル ¥50,000
1サイクル ¥50,000
4サイクル ¥200,000
6サイクル ¥300,000
8サイクル ¥400,000
10サイクル ¥500,000

※表示価格は税抜価格です。
※クールスカルプティングでは1ヶ所の治療(アプリケーター1個使用すること)を【1サイクル】と呼びます。
※施術のお申し込みは原則4サイクル以上で承ります。
※2サイクルに1回インディバの施術がございます。

 

モニター料金 4サイクル ¥180,000
8サイクル ¥330,000

※モニター料金の適応は以下の条件がございます。予めご了承ください。
・治療前後の写真撮影・当法人のWEBサイト・ブログ・症例発表や広告での写真公開にご協力いただける方に限ります。

 

【治療に際して注意事項】

施術時間:1部位:35分以上
※ミニアプリケーターは1部位:45分
※部位によって異なります。

 

施術の副作用、リスク:施術中、施術後、下記の様な作用が現れる可能性があります。このような作用は一時的なものであり通常数日から数週間で消失します。

[施術中]

引きつる感じ、突っ張る感じ、軽く抓られるような感じや極度の冷感、ピリピリ感、刺痛、疼痛、有痛性痙攣(このような感覚はその部位が無感覚になるにつれて消失します)

[施術直後]

発赤および硬化、施術部位辺縁の一過性の皮膚蒼白および/または軽度の皮下出血、ピリピリ感および刺痛

[施術後1〜2週間]

発赤、皮下出血、腫脹、圧痛、有痛性痙攣、疼痛、掻痒、皮膚過敏症、ピリピリ感、しびれ感。(しびれ感は施術から数週間後まで持続することがあります。)

治療に伴うリスク

♦効果には個人差があり、症状によっては改善が見られない場合があります。
♦治療中に、引っぱられる感じ、つかまれる感じ、冷たさ、痛みを感じることがあります。こういった感覚は治療時間が進むにつれ、治療部位が麻痺し消失します。
♦治療後に見られる一般的な副作用には、一過性の赤み、腫れ、内出血、ヒリヒリ・チクチク感、かゆみ、痛み、知覚鈍麻、敏感になる、などがあります。こういった症状は、通常数日から数週間で消失します。ご心配、ご不安な時は、クリニックにお気軽にご相談ください。

治療できない方

出血傾向がある /脳梗塞や心筋梗塞の予防として抗血小板薬(バイアスピリン、バッファリン、プレタール、パナルジンなど)や抗凝固薬(ワーファリンなど)を服用している / クリオグロブリン血症や発作性寒冷血色素尿症がある /寒冷蕁麻疹がある / 妊娠中、又は妊娠の可能性がある

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る