医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングとは?

レーザートーニング レーザートーニングロゴ
通常シミの除去などに威力を発揮するレーザー治療。しかしながら、肝斑治療にレーザーを使用することは「刺激による炎症で色素沈着を引き起こす恐れがある」という理由でタブーとされてきました。そこで開発された話題の肝斑治療、レーザートーニング(ルートロトーニング)。
皮膚の表皮層と真皮層にある色素性疾患に対し、精巧かつ選択的にレーザーを照射できる最新の機器「スペクトラVRMⅢ」を使用して行います。
シミの原因であるメラニンを少しずつ破壊しながらも、周囲の正常な皮膚組織を傷つけることなく、安全で確実な治療をしていただけます。

これまでの肝斑治療といえばピーリングやフォトフェイシャル、ビタミンCやトラネキサム酸の内服、超音波・イオン導入などを長期的に使用することで、症状を改善することしか出来ませんでした。レーザートーニング(ルートロトーニング)は、これまで改善が難しかった難治性の肝斑にも効果的で、長期的な内服薬の摂取などに抵抗のある方にも安心して施術を受けていただくことができます。また、回数を重ねるごとに毛穴の開きやくすみも改善されるので、透明感のあるお肌になりたい方にもおすすめです。

ルートロニック社「スペクトラVRMⅢ」の特長

スペクトラロゴ

アメリカの厚生労働省にあたるFDAが認可した安全な治療機器です。
従来のレーザーはガウシアモード型で照射部位に対し、部位中心部のエネルギーが一番高く、外側になるほど弱く照射されます。よって中心部は炎症を起こし肝斑が悪化し外側は弱すぎて効果が期待できませんでした。
ルートロニック社「スペクトラVRMⅢ」は、トップハットモードで照射径内へ均一に照射されるので、安全で安定したビームを照射するため、肝斑に対して有効な結果が期待できます。
また、他社のQスイッチレーザーに比べると、パルス幅が短く、高いピークパワーなので正常組織のダメージを最小限に抑えることができます。

トップハットモード

こんな症状の方におすすめ
  • 改善が難しかった難治性の肝斑
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • しみ・そばかす・色むら
  • 色素沈着
  • ニキビ・ニキビ痕
治療後はメイクをしてそのままお帰りいただけます。

治療直後は若干の赤みが出ますが2日間前後で治まります。
治療期間は1~2週間に1度 5~10回程度の通院を必要とします。

MAXレーザーピーリング

スペクトラレーザーと超微粒子カーボンを使用したニキビ跡や毛穴の引き締めの治療です。
軽いケミカルピーリングで皮膚を整えたあと、超微粒子カーボンを塗りレーザーを照射します。レーザーにより毛穴の古い角質を飛散させ、熱が加わることによりコラーゲンの産生を促し徐々に毛穴を引き締めていきます。
当院では更にレーザー照射後に毛穴を引き締めるグリシルグリシンなどの有効成分のイオン導入を行います。

スペクトラレーザーと超微粒子カーボンローションでお肌ツルツル
  1. 開いた毛穴に効果を発揮
    一度開いてしまった毛穴はそのままにしておくと、汚れがたまり毛穴が黒ずんできます。
    開いた毛穴をスペクトラレーザーと超微粒子カーボンの力でひきしめ、くすみのないなめらかな肌へ。
  2. 化粧ノリのよい透明感のあるツヤ肌に
    開いた毛穴に入り込んだ超微粒子カーボンにスペクトラレーザーを照射。
    カーボンがはじける力で古い角質や毛穴の汚れを一緒にはじき飛ばして、明るい透明感のある肌へ。
    スペクトラレーザーの熱が毛穴の奥の繊維芽細胞を刺激して、コラーゲンの生成を活性化。毛穴の目立たない美しい肌へ。
MAXレーザーピーリングの3つのステップ
  1. カーボンローションを塗る
    目をパッドで保護し医療用の超微粒子カーボンローションを顔に少しずつ置いていきます。
  2. カーボンローションを薄くのばす
    顔全体にカーボンローションを薄く伸ばします。特に毛穴が開いているところにはよくすり込みます。
  3. レーザーをあてる
    レーザーを照射すると、毛穴に詰まったカーボンと一緒に、古い角質や汚れが取れます。
  • レーザー光が肌にあたるとパチパチと軽くゴムを弾く程度の痛みを感じることがあります。
  • 照射後は皮膚が赤みを帯びたり熱を持ったりしますが、数時間で落ち着いてきます。
  • お化粧は当日から可能です。
  • 施術後はしっかりと保湿してください。
  • 照射後の皮膚は紫外線に敏感になりますので、しっかりとUVケア(日焼け止め)を行ってください。
  • 2~3週間の間隔で、トータル5回の施術をお勧めしております。
症例写真
肝斑治療①
治療写真
治療前 7回治療後
肝斑治療②
治療写真
治療前 8回治療後
肝斑治療③
治療写真
治療前 7回治療後
毛穴の開き改善(MAXレーザーピーリング)
治療写真
治療前 3回治療1ヶ月後
肌質と毛穴の開き改善(MAXレーザーピーリング)
治療写真
治療前 4回治療1ヶ月

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る