医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › ウルトラアクセント(Ultra Accent)

ウルトラアクセント(Ultra Accent)

ウルトラアクセントとは?

ULTRA ACCENT
脂肪細胞に超音波を照射して破壊するという治療法は、これまでにも多数ありましたが、ウルトラアクセントは、超音波の中でも脂肪細胞の破壊に特化した特殊な横波剪断波(Shear Wave)と呼ばれるエネルギーを用いることで、より確実に脂肪細胞を減少させます。

これまでの超音波を用いた痩身機器は、主に照射部位の組織を破壊する性質を持った縦波を利用した方法で脂肪細胞を破壊していました。しかし、縦波は高出力で照射してしまうと脂肪細胞以外の組織にも負荷を与えてしまうリスクがあり、低出力での治療しか行うことが出来ませんでした。
その点、ウルトラアクセントはこれまで注目されることのなかった横波剪断波(Shear Wave)を痩身目的の治療器では世界初導入しています。

この横波剪断波は、振動数を制御することで脂肪細胞だけに作用する超音波を作り出すことができるのが特長で、高出力で照射しても、血管・神経・表皮などの組織を破壊するリスクを伴うことなく、治療することが可能になっただけでなく、他の治療法にも影響を与えないため、インディバなどとの併用治療で、より高い効果を得ることができます。

なお、破壊した脂肪細胞(溶けた脂肪)は、血管やリンパに取り込まれ体外へ自然に排出されるため、脂肪吸引のようにメスや針といった器具を使用することなく、痩せることができます。
現在、横波剪断波を搭載している治療機器は、ウルトラアクセントのみであり当院は道内初の導入をいたしました。

脂肪細胞膜の超音波後の変化

テノール・サーモスリバースでのフォロー

ウルトラアクセントには、超音波機能だけではなく40.68MHzの高周波機能テノール・サーモスリバースが搭載されています。40.68MHzの高周波を照射することで、液状になった脂肪細胞を素早くリンパや血管に取り込みスムーズに体外へ排出させていきます。

このようにウルトラアクセントでは、二つの治療を組み合わせることにより、高い効果と即効性を実現します。
(ウルトラアクセントの施術費用に、テノール・サーモスリバースの費用も含まれています。)

ウルトラアクセントの特長

  • 脂肪細胞のみ破壊する
    縦波の超音波と違い、血管や表皮を傷つけることがありません。
  • すぐに効果を実感できる
    横波超音波(ウルトラアクセント)と高周波(テノール)のダブルの施術で、直後から効果を実感できます。
  • リバウンドがない
    脂肪細胞を破壊し、細胞の数自体を減少させるので、リバウンドの心配がありません。
  • 痛みがない
    ほんのり暖かい程度で痛みが全くありません。
  • ダウンタイムがない
    内出血や腫れなどの副作用が全くありません。

施術について

施術時間 フェイス30分程度、ボディ1エリア20分程度
ダウンタイム ダウンタイムはありません。直後からメイク可能
腫れ、痛み、内出血はありません
効果が期待できる部位
・フェイス(両頬,あご下)・腹部・腰まわり
・背中・太もも・二の腕
・ひざの上・ふくらはぎ・ヒップ
・ 足首  
症例写真

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る