医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › ボトックス注入

ボトックスとは

ボトックスボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を生じさせます。その為、以前から、眼科、神経内科の領域で、眼瞼・顔面麻痺などの治療に用いられてきました。
アメリカでは、アラガン社が製造したボツリヌストキシン「ボトックス」(商品名)が眉間のシワ治療薬としてFDA(米国食品医薬品局)で認可され、その安全性・効果性を確立しています。欧米では、シワに対する美容外科・美容皮膚科での使用で少なくとも10年以上の歴史があり、「ボトックス注射」として日本でも知られています。

ボトックスを使用することによって、筋肉と結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを抑制する働きがあり、シワの改善や小顔治療などに効果があります。特に表情筋の動きが原因でできる額の横ジワ、眉間のシワ、目尻のシワなどに効果的です。
また、ボトックスはシワ治療や小顔治療以外にも、ふくらはぎを細くしたり、ワキガ・多汗症治療、肩こり治療にも適しています。

アラガン社のボトックス
A型ボツリヌス毒素製剤日本ではアラガン社のA型ボツリヌス毒素製剤(商品名ボトックス)が注射剤として1996年に眼瞼痙攣、2000年に片側顔面麻痺、2001年に痙性斜頸の適応で厚生労働省から承認され、2009年には眉間の表情シワの適応で、アラガン社のボトックスビスタが厚生労働省から承認を受けました。
「ボトックスビスタ」は、ごく微量のA型ボツリヌス毒素を含有する製剤であり、非常にデリケートな薬剤です。輸送過程での保管温度や衝撃に弱く、-5℃での保管が必要です。製剤の活性を保持するためには保管温度などの徹底した管理を要するため、アラガンジャパンがアイルランドにあるアラガンの製造工場より徹底した管理の下、輸入を行っております。
ボトックスビスタは、承認条件に基づき、適正で安全な使用を目的として、使用医師を限定しています。当院ではアラガンジャパンの認定研修を受けた医師だけが治療を行います。

※当院では、2013年2月以降「ボトックスビスタ」を使用しております。
※多様なニーズに応えるためイプセン社のディスポートもご用意しています。

ボトックスでできること

ボトックスは、表情筋と接合部に作用し表情筋の動きを止めます。
表情筋は、顔の表情を作る重要な筋肉ですが、あまり頻繁に動くと動かしたところがシワになってしまいます。ボツリヌス菌の毒素で表情筋の動きを鈍らせことにより、シワをできにくくします。

若々しさのポイント
額のシワを解消し、ツルツルの額になります。
眉間 眉間の縦ジワを解消します。
眉毛 上がりすぎや下がりすぎのまゆを調整します。
目尻 笑いジワ、カラスの足跡を解消します。
目の幅 目の縦幅を大きくし、パッチリした目になります。
鼻の横ジワ 笑った時にできる鼻の上の横ジワを解消します。
小鼻 横に広がった小鼻を小さくします。
フェイスライン エラを細くして小顔になります。
あご あごのラインをシャープにします。
あごのシワ あごにできる梅干しのようなシワを解消します。
脇の下 脇の汗を減らし、臭いも減少します。
ふくらはぎ 筋肉質なふくらはぎを細く解消します。
シワはなぜできるの?

表情筋顔のしわの多くは、ほほえむ、笑う、顔をしかめるなど、表情の変化によって顔の筋肉を繰り返し動かすことによって出来てゆきます。しわは浅いうちに、早め早めの治療が効果的です。

ボトックスが効果を発揮するしわ
表情の変化によるシワ
表情の変化によるシワ
表情の変化によらないシワ
表情の変化によらないシワ
ボトックスは全てのしわに効力を発揮するというわけではなく、顔の「表情筋の影響」によってできる表情ジワに限られます。
(笑ったときに出来る目尻のシワ、悩んだり困ったときに出来る眉間のシワ、目を見開いたとき・眉毛を上げたときに出来るおでこのシワ、あごの梅干しのようなシワ、への字口、口角がさがっている方など)

ボトックスで効果がないシワは、無表情のときにも刻まれているシワです。(法令線など)ボトックスは、全てのシワに効力を発揮するわけではありませんが、気になるシワに効力を発揮します。
ボトックスはこのような方におすすめです

シワ・小ジワ
眉間の縦ジワ、額の横ジワ、目尻のカラスの足跡などの表情ジワの改善に有効です。ボトックスには、アセチルコリンを抑える作用があり、ボトックスを注射することで、その部分の筋肉の収縮力を低下させシワの寄りにくいピンと張りのあるお肌を実現します。

えら治療
奥歯を噛みしめることで発達し過ぎている咬筋(こうきん)にボトックスを注射することで、緊張したエラを細くして角張った輪郭を改善します。術後3~4週間後くらいから、ダイエットに成功したように徐々にシャープになり、ほっそりとしたフェイスラインを実現します。

たるみ
皮膚の浅いところに微量のボトックスを注入することで、筋肉の表面繊維だけの働きを抑制し、広範囲における小ジワの改善、肌の引き締め効果が得られる治療です。皮膚の表面を滑らかにし、くすみを改善する効果もあるので、お顔全体の若返り効果が期待できます。

ワキガ・多汗症
ボトックスを注入することで交感神経に働きかけ、汗を一定期間抑えることができます。ボトックスで汗を抑えることにより、汗の拡散を防いで結果的にワキガの臭いも抑えるという治療法です。手術する必要もなく効果は6ヶ月~1年程度持続するので多汗症の治療として人気があります。

脚やせ(ふくらはぎ)
綺麗な足のラインの重要ポイントは、ふくらはぎのカーブだと言われています。筋肉が発達している場合、いくらダイエットやエクセサイズに励んでもなかなか細くはなりません。ボトックスを注入することにより、一時的に足の筋肉の働きを和らげ、ごく自然にほっそりとした脚にします。ふくらはぎについた筋肉が目立つ、凹凸のないスラリとした美脚になりたい、という方におすすめです。通常6ヶ月程度で効果が薄れ、徐々に元に戻りますが、効果が切れかける頃に追加注入を行えば、継続して状態を保つだけでなく、続けるほど効果が増します。

ボトックスの症例写真
Before
ボトックスの症例写真Before
After
ボトックスの症例写真After

マイクロボトックス

マイクロボトックスリフトとは

従来のボトックス注射は、表情筋に直接働きかけて、シワ改善・小顔効果・多汗症治療などに有効な治療です。マイクロボトックスは、筋肉ではなく皮膚の浅い層にボトックスを細かく注射する方法で、筋肉の機能は温存しながら筋肉の表面繊維のみの働きを抑え、さらに皮脂腺や汗腺などへ伝達している神経をブロックします。
この方法により、自然な表情を保ちながらシワを改善し、滑らかでハリのあるお肌へ若返り、リフトアップ効果やニキビの改善などにも効果的です。

ボトックスリフト(マイクロボトックス)の特徴
ボトックスリフト(マイクロボトックス)の特徴
  • 自然な表情を保ちながら、シワ・タルミを改善したい
  • 毛穴を引き締め、滑らかで、ツヤ・ハリのあるお肌にしたい
  • 頬や口角を引き上げたい
  • 額・目の周りの小ジワを改善したい
  • フェイスラインをすっきりさせたい
  • 皮脂が多い、脂性肌
マイクロボトックスリフトの注入部位と効果
A : 額と眉間 額の横ジワと縦ジワが改善し、肌にハリが出ます。眉間の縦ジワを改善。眉の引き上げ効果。
B : 両目尻 目尻のシワ改善。加齢と共に下がり気味になる目尻のタルミが引き上がり、目元がスッキリします。
C : 両頬 あごのラインから口元、頬のタルミを引き上げることで、シャープなフェィスラインに整えます。毛穴が引き締まり、肌がなめらかに。
D : フェイスライン
~首
フェイスラインが引き締まり、リフトアップ。首の横ジワの改善。口角が上がります。首元がスッキリとします。

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る