医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › サーマクール

サーマクール(ThermaCool TC™ System)

ThermaCool TC™ System(サーマクール)は、米国Thermage社によって研究・開発された「医療用シワ・タルミ取り治療器」です。
米国の形成外科医Dr.Edward Knowltonにより発明されました。開発と研究に約10年を費やし2002年に発表、2003年4月に行われた全米のレーザー学会において高い評価を受けました。
その後サーマクールは、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(食品医薬品局)、カナダHPFB(健康製品食品局)の承認を受けて、全世界50ヵ国以上で導入されており190,000以上の症例実績があります。
日本には2003年に導入され、現在(2006年)では約100ヵ所の医療施設で約10,000の症例実績があります。

ThermaCool TC™ System(サーマクール)は、従来のレーザー治療・光治療よりもはるかに強いエネルギーを皮膚表面にダメージを当てることなく、皮下脂肪層の近くまでダイレクトに届けることができます。
これにより、真皮のコラーゲンに熱変性(炎症)を起こさせ、創傷の治癒過程で起こる収縮作用を利用し、シワやタルミを改善します。
照射後、数ヶ月にわたってコラーゲンの生産が促進されるため少しずつフェイスラインが引き締まり、リフトアップが進行します。
額に照射すると次第に眉の位置が上がり、目が大きくなって表情が明るくなるケースが多く報告されています。頬に照射すると鼻唇溝(小鼻から口元のシワ)の深さが浅くなり、フェイスラインが引き上がります。ニキビ、ニキビ跡。毛穴の広がり改善にも効果的です。

サーマクール図解
サーマクール手術前
手術前
サーマクール手術後
手術後
サーマクール手術前
手術前
サーマクール手術後
手術後(4ヶ月経過)
マルチパス・アルゴリズム(Multi-Pass Tx Algorithm)

当クリニックでは、施術部位全体に1~2回の照射後、上まぶた・眉・頬・フェイスラインのリフトを司るアンカリングポイント(より強い収縮を目的としたベクトル)を中心に患者様それぞれに応じた照射方法を決めて、マルチパス(複数回照射)を行います。つまり施術部位全体への2次元的な照射でな肌質の改善とお顔全体のリフトアップを行い、3Dのリフティングに向けてマルチパス(複数回照射)を行うことにより、特にお悩みの部位を改善いたします。

フェイスからボディまで

サーマクールは米国thermage社により様々な研究が進められてており、2006年1月ボディの施術について米国FDAの認可を取得いたしました。この「Body by Thermage」ではこれまでと同様のトリートメントチップを使用し、腹部・腕・大腿部etcへの施術が可能になります。現在、プロトコル作成中で近日中に日本国内にも導入され、セルライトの改善、バストアップ、ヒップアップなどの施術が可能になると思われます。

治療方法

サーマクール手術法

  1. 肌表面を清潔にした後、麻酔テープ(ペンレス)を照射部位全体に貼っていきます。
  2. 照射部位(頬、こめかみ、アゴなど)に照射位置を決めるために格子上に細かくマーキングしていきます。
  3. マーキングされた状態で肌を冷却しながら、1マスごとに照射していきます。
  4. 施術は1ショット6秒間。顔全体なら30分程で治療終了。かさぶたや傷跡の心配も一切なし。洗顔や入浴も当日からOK。
サーマクール・アイ
3.0チップ導入でサーマクールのバリエーションが広がりました!

通常のノーマル(1.0平方センチ)150ショットに加え、3倍の(3.0平方センチ)3.0チップが導入されました。安定したカバー力でリフティング、しかも照射面積が広がります。
エネルギーも低めからの設定ができますので総エネルギー量が多いのに痛みは少なくできるなどメリットが多いのが特徴です。

サーマクールに上眼瞼引き上げ、たるみとり専用チップが登場しました。
従来、上眼瞼の引き上げ、たるみ取りは、オペでしか対応できませんでした。
しかし、サーマクールアイは専用チップを使用することで、ノンサージカルに目元周辺のたるみや小ジワを取り除き、すっきりとした若々しい目元を取り戻します。

Thermage

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る