医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

治療方法、治療器具で選ぶ › フォトフェイシャル(Intense Pulsed Light)

フォトフェイシャル(Intense Pulsed Light)

フラッシュランプから発する、IPL(Intense Pulse Light)という広帯域の光によって、ノーダウンタイムで皮膚にダメージを与えることなく、1つ"しみ"を消すというよりも皮膚の質感の改善、弾力性の向上といった総合的な顔の若返り治療効果を得ることができます。

フォトフェイシャル(intensed pulsed light)の特長
フォトフェイシャル

1.皮膚のダメージが非常に少ない

  • レーザー治療と異なりガーゼなどを貼る必要がない
  • 施術後すぐに洗顔やメイクが可能である
  • 麻酔の必要がない

2.様々な肌のトラブルを総合的に解決

  • しみ、そばかすの改善
  • レーザー治療では治せなかった肝班の改善
  • 毛穴の縮小
  • 赤ら顔の改善
  • 小じわの改善

従来のレーザーと違ってフラッシュライトから照射される光の波長のレンジが広いため様々なターゲットに反応して治療効果があります。
メラニンに反応する波長は含まれているのでしみの治療にはもちろん有効ですがヘモグロビンの赤色にも反応するため赤ら顔や毛細血管の浮きにも有効です。
さらに皮膚の深部でターゲットに反応した波長の光が熱に変わり、肌の張りを作るのに重要なコラーゲン繊維を作る繊維芽細胞を強力に刺激するので、肌全体が若返り小じわやニキビ跡を目立たなくする働きもあります。

皮膚科形成外科グループのフォトフェイシャルの特長
  1. フォトフェイシャルは患者さんの皮膚の状態や治療対象によってに応じて細かく設定を調節することが可能。当グループでは3種類のヘッドをそろえ、毎回設定を調節するので確実な効果が上がります。赤ら顔の治療と肝斑などのシミ治療では設定が全く異なります。
  2. 症例数が非常に多いので治療計画に関するデータの蓄積が豊富なため、安心して治療が受けられます。
  3. シミ治療に有効なレーザー治療、メディカルスキンケアも同時に受けることが可能なため治療効果は確実です。

PhotoFacial

 

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る