医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

BODY › 切らない痩身術

  • カーボメッド
  • ハイパーサーミア インディバ
  • 脂肪溶解法(リポディゾルブ)
  • ウルトラアクセント
  • キャビタ ウルトラキャビテーション
  • キャビテーションプラス

カーボメッド

カーボメッドカーボメッドとは、元々フランスで開発された動脈硬化やリウマチ治療の為の炭酸ガス療法を改良した医療痩身機です。点滴の針よりさらに細い30ゲージ(直径0.3ミリ)の針で炭酸ガスを皮下脂肪に注入するだけで、脂肪を分解し妊娠線を改善させる治療法です。
炭酸ガスの注入によってセルライト(脂肪の繊維組織)の結合をつかさどる組織が砕け、滞った脂肪層のリンパや血液の流れが改善します。また細胞が必要とする酸素が血液中から大量に放出され、皮下脂肪や皮膚の新陳代謝が活発になり、自己再生能力が高まることにより、美肌(ハリ、つや)老化防止(若返り)などの効果も期待できます。

効果は?

サーマクール手術前
術前

サーマクール手術後
術後

そもそも炭酸ガスは人間の細胞の中に代謝産物として発生し、肺から呼気として排出されます。安静時には毎分200cc、運動時にはその10倍にもなります。炭酸ガスの濃度が高くなると、体は細胞の活動が盛んであると判断し、酸素をたくさん送りこむようになります。その結果、細胞活動をはじめ皮膚下の血管新生や新陳代謝が活性化、脂肪の分解、排出が促進されます。カーボメッドは、炭酸ガスの濃度を上げることで擬似的な有酸素運動を行い、思い通りの部分痩せを実現します。

  • 施術時間は、部位や範囲にもよりますが、10分~20分程度。
  • ダウンタイムがないので、普段の生活やお仕事、入浴は当日より可能です。
  • 極細の注射針で注入しますので麻酔の必要もなく、痛みもほとんどありません。
  • 初めての注入時は、セルライトが破壊されるため、軽い圧迫感や痛みを10分~15分程度感じる場合がありますが、2~3回目以降は、痛みもほとんどありません。
  • 他のダイエット治療(リポディゾルブ、ゼニカル、リダクティル等)脂肪吸引との併用治療も可能。
  • 週2回の施術を5週間(計10回)続けるのが効果的です。

ページTOPに戻る

ハイパーサーミア インディバ

インディバCRet Systemとは?

ハイパーサーミア インディバインディバCRet Systemとは、スペイン・インディバ社のホセ・カルベット博士によって開発された電気メス(高周波)と同レベルの周波数(中波)と機能を応用して完成させた、高周波エネルギーを使用して体表から体内全域の温度(深部加温)を上げる、通称、「ハイパーサーミア」と呼ばれている世界で最も優れた総合美容高周波温熱機器です。
インディバCRet Systemは、そもそもガン治療や理学療法機器として、世界に知られている高周波の温熱機器です。多くの温熱機器は体外に熱源があるのに対して、インディバは、体内深部に熱を発生(各細胞1つ1つにまで一時的に温度を上げます)させるのが最大の特徴です。この深部加温によって血流の促進やリンパ液の流れを促進し、内分泌系・ホルモン分泌系・自律神経系・免疫系など細胞・組織を活性化させることにより、他の機器では改善の難しい部分まで相乗効果として様々な影響を与えます。

効果は?

痩身・内臓脂肪の除去・バストアップ・ヒップアップ・セルライト・ボディバランス・引き締め・タルミなどのボディケアから、フェイスケア全般(ニキビ・ニキビ跡・タルミ・シミ・シワ・キメ改善・小顔)など美容全般をカバーいたします。
医療分野においても、術後のリハビリ(理学療法リハビリ・術後の疼痛緩和・皮膚再生・豊胸術後のリフォーメーション・腫脹・内出血の除去・など)や脂肪吸引術前後・レーザー照射後のケア・ケミカルピーリングやイオン導入との併用・自律神経の活性・活性酸素の排除など、温熱作用によるその他多くの有効性が認められています。

ページTOPに戻る

脂肪融解法(リポディソルブ)

手術をせずに、注射によって脂肪を融解する新しい痩身療法です。
脂肪を融解する成分であるファスファチジルコリン、リノレイン酸、イノシトールなどを脂肪組織に注入し脂肪組織を融解させます。融解された脂肪は、血中から腸管をへて老廃物となって体外に排出されます。皮下脂肪のある場所なら、ウエスト・脚(太もも)・ヒップ・二の腕などどこでも使用が可能で、気になる部分痩せもわずかな時間で簡単に行うことができます。
この脂肪融解治療の効果と安全性は、開発国フランスでの実績により認められており、現在ではヨーロッパを中心に世界中に急速に広まっている画期的な痩身法です。伊丹総院長は、American Society for Aesthetic Lipodissolve(ASAL)の講習会に参加し、この治療法の世界的な権威であるDR.Patricia Rittes氏から直接指導を受けております。また、この治療法について研究している世界的なネットワーク「Network-Lipolysis」の正式メンバーです。

  • 通常、3~4回の施術を行います。
  • 1回の治療時間は、注入部位により約10分から15分程度。
  • 使用する薬剤は、高脂血症、脂肪肝などを治療する目的で使用される米国FDA(日本における厚生労働省)で認可されている薬剤であり、脂肪融解を目的としても世界19ヶ国で使用が認められている安全な治療法です。
  • 普段の生活やお仕事、入浴は当日より可能です。
  • 皮下脂肪を取り除くため、通常の食事制限によるダイエットのようなリバウンドがありません。
  • 脂肪の減少により、リンパ、血流の流れを良くします。
  • 注射部位に、疼痛、赤み、腫れ、内出血が出現することがあります。疼痛、赤み、腫れについては通常2日間ほどでなくなりますが、内出血の場合は1週間ほど改善に必要です。

ページTOPに戻る

ウルトラアクセント(Ultra Accent)

ウルトラアクセントとは?

ULTRA ACCENT
脂肪細胞に超音波を照射して破壊するという治療法は、これまでにも多数ありましたが、ウルトラアクセントは、超音波の中でも脂肪細胞の破壊に特化した特殊な横波剪断波(Shear Wave)と呼ばれるエネルギーを用いることで、より確実に脂肪細胞を減少させます。

これまでの超音波を用いた痩身機器は、主に照射部位の組織を破壊する性質を持った縦波を利用した方法で脂肪細胞を破壊していました。しかし、縦波は高出力で照射してしまうと脂肪細胞以外の組織にも負荷を与えてしまうリスクがあり、低出力での治療しか行うことが出来ませんでした。
その点、ウルトラアクセントはこれまで注目されることのなかった横波剪断波(Shear Wave)を痩身目的の治療器では世界初導入しています。

この横波剪断波は、振動数を制御することで脂肪細胞だけに作用する超音波を作り出すことができるのが特長で、高出力で照射しても、血管・神経・表皮などの組織を破壊するリスクを伴うことなく、治療することが可能になっただけでなく、他の治療法にも影響を与えないため、インディバなどとの併用治療で、より高い効果を得ることができます。

なお、破壊した脂肪細胞(溶けた脂肪)は、血管やリンパに取り込まれ体外へ自然に排出されるため、脂肪吸引のようにメスや針といった器具を使用することなく、痩せることができます。
現在、横波剪断波を搭載している治療機器は、ウルトラアクセントのみであり当院は道内初の導入をいたしました。

脂肪細胞膜の超音波後の変化

テノール・サーモスリバースでのフォロー

ウルトラアクセントには、超音波機能だけではなく40.68MHzの高周波機能テノール・サーモスリバースが搭載されています。40.68MHzの高周波を照射することで、液状になった脂肪細胞を素早くリンパや血管に取り込みスムーズに体外へ排出させていきます。

このようにウルトラアクセントでは、二つの治療を組み合わせることにより、高い効果と即効性を実現します。(ウルトラアクセントの施術費用に、テノール・サーモスリバースの費用も含まれています。)

ウルトラアクセントの特長
  • 脂肪細胞のみ破壊する
    縦波の超音波と違い、血管や表皮を傷つけることがありません。
  • すぐに効果を実感できる
    横波超音波(ウルトラアクセント)と高周波(テノール)のダブルの施術で、直後から効果を実感できます。
  • リバウンドがない
    脂肪細胞を破壊し、細胞の数自体を減少させるので、リバウンドの心配がありません。
  • 痛みがない
    ほんのり暖かい程度で痛みが全くありません。
  • ダウンタイムがない
    内出血や腫れなどの副作用が全くありません。
施術について
施術時間 フェイス30分程度、ボディ1エリア20分程度
ダウンタイム ダウンタイムはありません。直後からメイク可能
腫れ、痛み、内出血はありません
効果が期待できる部位
・フェイス(両頬,あご下)・腹部・腰まわり
・背中・太もも・二の腕
・ひざの上・ふくらはぎ・ヒップ
・ 足首  
症例写真

ページTOPに戻る

各施術の料金はこちら

キャビタ ウルトラキャビテーション

KAVITA(キャビタ)ウルトラキャビテーション写真気になる部位にエネルギーを収束させた超音波(40KHz)を皮膚の上からあてることで、他の細胞を傷つけることなくターゲットとする脂肪細胞だけにダイレクトに効果を発揮します。

☆キャビテーションとは

脂肪細胞に超音波をあてることにより、体内に生じる圧力差によって気泡の発生と消滅が起きる物理現象を「キャビテーション」(空洞現象)といいます。
この気泡が壊れるときの衝撃波で他の細胞を傷つけることなく脂肪細胞を破壊します。

☆特徴
  • 超音波キャビテーションで脂肪・セルライト(脂肪細胞の塊)を破壊。
  • 気になる部位の脂肪をターゲットにピンポイントで集中ケア。
  • 安全で効果の高い施術・心地よく痛みを伴いません。
  • メス・麻酔が不要なのでダウンタイムや腫れがありません。
☆適応部位

二の腕 腹部 ヒップ 太もも ふくらはぎ

症例
54歳 女性 12回/3ヶ月
臍上(2cm)  92.0 cm
臍       97.3 cm
臍下(2cm)  100.0 cm
臍上(2cm)  83.5 cm
臍       88.0 cm
臍下(2cm)  90.5 cm
スポーツジムに通っても全く変化が無いため来院!
食生活 : 朝食抜、昼食メイン、夜は仕事柄飲酒のみ、時々夜食あり!
3回目施術以降で洋服のサイズダウン
4回目施術以降から施術間のサイズの戻りがなくなった。

施術回数

ページTOPに戻る

キャビテーションプラス

キャビテーションプラスとは・・・

キャビタとインディバの2種類の機械を使った究極の痩身です。

KAVITA(キャビタ)
KAVITA(キャビタ)

INDIBA(インディバ)
INDIBA(インディバ)

キャビタとは、超音波によるキャビテーション(空洞現象)を利用して、脂肪細胞膜を破壊する痩身マシンです。メスを使わずに痩せたい部分の脂肪細胞を破壊できるので、身体への負担も少なく、効果的に部分痩せが可能です。

インディバとは、高周波によって体の中に熱が発生する高周波温熱機器です。温泉・サウナ・岩盤浴などの熱源が体の外にある『温熱療法』とは違い、インディバの熱源は体内にある細胞の分子を移動させて生じる摩擦熱です。その熱を『ジュール熱』と呼びます。ジュール熱は、血液やリンパの循環を改善し、体温を1~2度上昇することで脂肪燃焼効率を高めます。

キャビタで破壊された脂肪にインディバの熱を加えることで、より効率良く体外に排出することで効果が期待できます。
INDIBA(インディバ)

当院モニター(41歳) ※7日から10日おきに5回施術

ページTOPに戻る