医療法人社団 天祐会 皮膚科形成外科グループ

美容皮膚科・美容外科診療 Beauty dermatology / Cosmetic surgery clinics

美容皮膚科・美容外科診療科

BODY › ワキガ・多汗症

  • ローラークランプ法(吸引法)
  • 剪除法(保険適用)
  • ボトックス注入療法

腋臭症(ワキガ)・多汗症について

最近、「ワキの臭いが気になる」「汗の量が多い」と、ご自分の体臭をとても気にする方が多く見られます。ワキの下にかいた汗が特有の悪臭を放つ症状のことを、一般的にワキガと言います。ワキガ体質の方は、ワキの下にあるアポクリン汗腺からの汗の量が多いために、汗をかいたときに臭いが目立ってしまいます。臭いのもとになるアポクリン汗腺を手術で取り除くことで、気になる臭いを解消することができます。
症状により手術方法が異なりますので、医師とご相談の上早期に治療を受けることをお勧めいたします。

ページTOPに戻る

ローラークランプ法(吸引法)

手術時間 約1時間
抜糸 通常7日間
通院 抜糸までに3~4回
通常生活 2日目から可能(激しい運動は1ヶ月後から)

ワキガ治療でもっとも一般的な方法です。ワキの毛の生えている部分の上下2ヶ所に約5ミリから7ミリの切開を行い、そこにカニューラという金属製の細い管を入れて、皮膚の裏側からアポクリン腺の基底部を吸引します。
傷跡も小さく、皮膚の血管が温存される方法です。ワキのレーザー脱毛と組み合わせることで効果があります。

ページTOPに戻る

剪除法(保険適用)

手術時間 約2時間
抜糸 通常7日~10日間
通院 10日間で3~4回
通常生活 約1週間後には可能(激しい運動は1ヶ月後から)

ワキの毛の生えている部分に1~2ヶ所、2~4センチの切開を行い、皮膚を裏返しにして汗腺・脂腺を切除します。

ページTOPに戻る

ボトックス注入療法

手術時間 約30~40分
通院 2週間以内に1回
通常生活 当日から可能

汗の分泌を支配する神経をボトックスによって麻痺させることで、汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)の働きを抑制する治療です。この治療は、ワキに注射をするだけですので、ダウンタイムも無く臭いや汗を減らすことができます。また、レーザー脱毛を組み合わせることによって、汗量・細菌の繁殖も少なくすることができます。
治療効果の持続期間は、約4~6ヶ月です。

各施術の料金はこちら

ページTOPに戻る